そのへんで止めとae

29. května 2017 v 5:39
「いいの、いいの、喉カラカラなのに我慢してたんだから。」
「でもねえ・・あらやだ。」
ウンスのテーブルに酒を持ってきた店主は、彼女の向かいに座る男と目が合い頬を染めた。
「何よぉ・ひっく。」
「もうよせ。」
「うるさぁい~!どうして、あんたが此処に居るのよ?ひっく。」
ウンスの手から焼酎の瓶を取り上げようとしたヨンだったが、その手は見事に撥ね退けられたNeo skin lab 好唔好
ソウルの街。
東大門にほど近いポジャンマチャ(露店)。
ウンスが仕事の帰りに立ち寄る馴染みの店。
いつもの席に座るウンスは、いつもの様に焼酎を飲んでいる。
ただ、いつもと違うのは一人じゃないと言うことだ。
「ユ先生、見合いだったのかい?うまくいって良かったねぇ。」
「み・あ・い~?違うわよ、今日はデートだったの、凄ーく素敵な人と、ひっく・・」
「まあ、確かにイケメンだね。」
「はあ?」
店の中は満席だ。
忙しいはずなのに、店主はウンスの座る席から離れようとしない。
文句を言いそうな客達も何故か黙認している。
それもそのはず、店の客達の視線は一点に集中していた。
飲むことも食べることも忘れ、神とも言わんばかりの男の美貌に見とれている。
その男は周りの視線など気にする様子もなく、次々と酒を煽る女をじっと見つめていた。
「ちょっと、誤解されたじゃない。」
ただ一人、ウンスだけは目の前に座る男に鋭い視線を向けている。
「誤解とは、誰にだ?」
ヨンも冷静だった。
暴言を浴びせられても、動じることなく長い脚を組み直すNeo skin lab 好唔好
「だから先輩によ、ひっく。」
「ああ、あの気取った男か。」
「失礼ね、ずっと憧れてた人なのに、あなたがあんな・」
言い掛けた途端、ウンスの身体は硬直した。
「おっと・」
その彼女の手から滑り落ちたグラスを、とっさにヨンが掴む。
「夢よね・・そうでしょう?全部夢でしょう?じゃなかったら・・」
「夢じゃない。」
「はい?」
「お前は昨夜、俺に抱か・」
「きゃあぁぁ!!」
ウンスは慌ててヨンの口を手で塞ぐ。
「・・ちょっと、変な事言わないでよ!」
「なぜ?事実だ。」
「止めて!」
彼女の頭の中に赤裸々な記憶が甦るNeo skin lab 好唔好

繰り返される甘い口づけ。
熱い唇。
自分の身体に触れる冷たい手。
そして何度も囁かれた言葉。
「ウンス、お前は俺のものだ・・」
震えた・・
そして体中が熱くなった.。
 

Buď první, kdo ohodnotí tento článek.

Nový komentář

Přihlásit se
  Ještě nemáte vlastní web? Můžete si jej zdarma založit na Blog.cz.
 

Aktuální články

Reklama