Květen 2017

そのへんで止めとae

29. května 2017 v 5:39
「いいの、いいの、喉カラカラなのに我慢してたんだから。」
「でもねえ・・あらやだ。」
ウンスのテーブルに酒を持ってきた店主は、彼女の向かいに座る男と目が合い頬を染めた。
「何よぉ・ひっく。」
「もうよせ。」
「うるさぁい~!どうして、あんたが此処に居るのよ?ひっく。」
ウンスの手から焼酎の瓶を取り上げようとしたヨンだったが、その手は見事に撥ね退けられたNeo skin lab 好唔好
ソウルの街。
東大門にほど近いポジャンマチャ(露店)。
ウンスが仕事の帰りに立ち寄る馴染みの店。
いつもの席に座るウンスは、いつもの様に焼酎を飲んでいる。
ただ、いつもと違うのは一人じゃないと言うことだ。
「ユ先生、見合いだったのかい?うまくいって良かったねぇ。」
「み・あ・い~?違うわよ、今日はデートだったの、凄ーく素敵な人と、ひっく・・」
「まあ、確かにイケメンだね。」
「はあ?」
店の中は満席だ。
忙しいはずなのに、店主はウンスの座る席から離れようとしない。
文句を言いそうな客達も何故か黙認している。
それもそのはず、店の客達の視線は一点に集中していた。
飲むことも食べることも忘れ、神とも言わんばかりの男の美貌に見とれている。
その男は周りの視線など気にする様子もなく、次々と酒を煽る女をじっと見つめていた。
「ちょっと、誤解されたじゃない。」
ただ一人、ウンスだけは目の前に座る男に鋭い視線を向けている。
「誤解とは、誰にだ?」
ヨンも冷静だった。
暴言を浴びせられても、動じることなく長い脚を組み直すNeo skin lab 好唔好
「だから先輩によ、ひっく。」
「ああ、あの気取った男か。」
「失礼ね、ずっと憧れてた人なのに、あなたがあんな・」
言い掛けた途端、ウンスの身体は硬直した。
「おっと・」
その彼女の手から滑り落ちたグラスを、とっさにヨンが掴む。
「夢よね・・そうでしょう?全部夢でしょう?じゃなかったら・・」
「夢じゃない。」
「はい?」
「お前は昨夜、俺に抱か・」
「きゃあぁぁ!!」
ウンスは慌ててヨンの口を手で塞ぐ。
「・・ちょっと、変な事言わないでよ!」
「なぜ?事実だ。」
「止めて!」
彼女の頭の中に赤裸々な記憶が甦るNeo skin lab 好唔好

繰り返される甘い口づけ。
熱い唇。
自分の身体に触れる冷たい手。
そして何度も囁かれた言葉。
「ウンス、お前は俺のものだ・・」
震えた・・
そして体中が熱くなった.。

困ったように人差し指qw

23. května 2017 v 6:22
それが…何よ
ウンスは冷たい視線をヨンに送る

妻は高麗の者ではない故、しきたりを知らぬのでとお断りしたのですが、この際だから一緒に叔母上から習えば良いと申され王様も承知なされたのだ

え~っ それって王命になるの?

はぁ~ まぁ そういう事になります
ヨンは申し訳なさそうにウンスを見るとウンスは両手安利呃人で頭を掻き出した

イムジャ、髪が乱れます
ヨンはウンスの手を押さえた

ねぇ? そのお嬢様って、此処に寝泊まりするの?

はい

叔母様も?

いえ叔母上はお役目があります故

私にもあるわよ

はい
それで昼間王宮にて叔母上の講義を受ける事Neo skin lab 介紹人になりました

はぁ~ 気が重い
ウンスは力無く椅子に腰掛けた

そう 言わず イムジャは勉強が好きであろう?
ヨンはウンスに近付くとその肩に手を置いた

興味のある事はね

イムジャは叔母上の文を読むために漢字を習うたで實德環球はないか

あの文は別よ
だって、あれは叔母様が貴方のおばあ様からもらった大切な文なんですもの

若くして亡くなったというおばあ様は残していく幼い娘にこれから教えたかった幾つかの事を文に残していた

どれだけ心残りだったことか
文を読む度にウンスは娘を思う母の気持ちに涙した

あれはチェ家の宝よ
叔母様が私に託してくださったように私も子供が出来たら託したいの
ウンスはヨンを見上げるとにっこりと微笑んだ

ストゕe

11. května 2017 v 10:38
最近、私が住んでいるゕパートのとなりに ストゕ が出来た。ストゕには、パンやおにぎりなどの食料品から、洗劑,などの雑貨まで、生活に必要なものはたいていそろっている。その上收細毛孔、24時間あいているので、いつでも必要な時間に買い物ができる。この店ができたおかげで、夜遅くお帰ってきたときでも買い物ができるようになった。 私のような一人暮らしの男性だけでなく、仕事で帰りが遅くなった女性も弁当を買っている。この店では、毎月の電気代や電話代を払うこともできる。それに、コピー大腸癌 復發機もあるので、たいへん便利だ。 このように、ストゕのおかけで生活は便利になったが、よいことばかりではない。夜、車で買い物に来る人が増えたために、うるさくて勉大腸癌口服標靶藥強ができなく

Read a book why don’t you

2. května 2017 v 9:27
Dong Qing's hot new hit show Readers has certainly struck a chord with viewers, reminding them of the value of a good book and reading.

It brings a sense of culture and elegance to light.

In a world that is sometimes lost in the shallowness and banality of life, this series is one to reckon with the senses.

Although my Chinese isn't that good, I was pulled in by the show, which is something that does not often happen with TV shows anymore.

The participants came from different industries and were very detail-oriented. There were endearing moments, some with tears and also moments of laughter.

From the latest episodes, viewers learned that Tsinghua University is one of the best in the world.

The school's 106th anniversary is coming up, so the show invited a dozen senior professionals who graduated from the university and excelled in the sciences, engineering, and other fields to participate.

I was amazed by their clarity and mental agility on the program.

One of the guests helped build China's bullet train. I love the concept behind China's bullet trains. I've enjoyed traveling around the country on them.

They are always on time, convenient and reasonably priced. They are also very clean and operate on a stable system that makes the passenger feel safe.

China ought to be extremely proud of its train system. It's really at the top of the world's standards.

Coming back to the show, I sincerely admire the quality of their work.

With modern technology, reading is disappearing.

I sometimes feel sad because it distances us from the treasures left by the wiser older generation. But I'm not here to deny modern technology.

Why don't we place a book in our bag as we go to work or school?

Whether we're on the metro, a bus or waiting in a bank, we can take out a book and read a paragraph instead of wasting time on the phone.